勤怠管理を確実にし経営戦略として取り込む

勤怠管理の重要性

a0011_000267

業務改善においては、適切な勤怠管理が非常に重要な位置を占めます。
業務改善の大きな目的の一つとして「労働時間を減らす」というものもあるからです。
最近では、長時間労働が社会的な問題にもなってきていますが、どの業務にどれくらいの時間がかかっているかをきちんと把握することができなければ、正確な改善方法は提案できません。
サービス残業などが起こる理由も、勤怠管理がきちんと行われていないため、タイムカードが単なる建前としてしか機能せず、時間になったらカードだけを押してあとは延々と真夜中まで仕事を続ける人がいるため起こってしまうことです。
一見このようなサービス残業は経営者にとって都合がよいもののように思えますが、その状態が慢性化することで従業員の健康状態が損なわれ、突然の入院など大きなリスクを負ってしまうことにもなります。

適切な勤怠管理を行うために、最近では従来型のようなペーパーカードを使ったタイムカードではなく、指紋や動脈などの生体認証を使った装置が多くの企業で取り入れられているようです。

新しいタイムカードシステム

例えば、新しい勤怠管理システムの1つでもあるキングオブタイム(http://www.kingtime.jp/)では生体認証の他にも携帯、スマートフォンなどモバイル機器で管理など様々なレコーダーを用意しています。
企業の業務内容や出勤状況に合わせて自由に方式を選ぶことも出来るので大変便利です。

特にこのような新しいタイムカード、勤怠管理システムが求められるようになってきたのは、企業内において勤務する時間が個人や部門によって異なっていたり、正社員と非正規職員、アルバイトなど雇用形態の違う人が混合して業務を行うようになってきたためです。
従来のような紙カードに時刻を打刻するようなシステムでは、記録されるのはただ出退勤の時刻のみであり、そこから発生する給与や手当の計算は、別に打ち込む仕事をしつつ個別に計算をしなくてはなりませんでした。

ですが最新式の勤怠管理システムでは、打刻情報はオンラインシステムを通じてただちにサーバー上に送られるようになっているので、打ち間違いや計算違いといった単純ミスが起こることはありません。
導入時に企業向けのカスタマイズや登録方法を定めておけば、それから退職や新規採用があっても簡単に人事管理をすることができます。
カード式の欠点であった本人認証も、生体認証やモバイル登録をすれば確実に本人による記録があったものと判断することができます。
企業の業務改善に欠かせない見える化のためにも、勤怠管理システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。